忍者ブログ
色んなグループに関わる お母ちゃんたちの ゆるやか〜な つながり。 これからの 食べ物 健康 生活 幸せ 心と身体で 感じながら みんなと つながりながら 未来をつくる   
[22]  [21]  [20]  [6]  [7]  [16]  [17]  [5]  [18]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日21日、公明党の国本友利議員(京都市左京区)に山崎、藤田で、面談に伺いました。
アレンジいただいた陽子さん、本当にありがとうございました。
 
先日、20日の教育福祉委員会での質疑応答でも、大半の時間が「学校給食、食の安全」についての質疑応答で占められていました。
今はどの党も、食の安全について関心を持ち取り組んでいるとのことです。

私たちも、ざっくばらんに、超党派、全方位外交で、全ての党に、学校給食のことで働きかけようとしていることをお伝えしました。
国本さんも、予め市議に働きかけるときにも、超党派の活動をしていると伝えたほうがいいとのことでした。
市議さんからすればどんな団体か、やはり不安に思うようです。
 
 
国本さんからは、運動を実現可能なものとするために、
以下のアドバイスをいただきました。
 
 
1、府とも、連動して働きかける
 ・公明党の、府議会議員には、国本さんを通じてお話くださるとのこと。
 
2、行政とともに、運動を進めるようにする
 
・行政に対し批判でなく、「どうしたらいいですか?一緒に考えていきましょう。」のスタンスが大事。
 
・具体的には、行政を巻き込んだセミナーなどお勧め。
 
  市、府のそれぞれのHPに、「出前トーク」があるので、それを利用し、行政との関係作りをしつつ、運動の裾野を広げるのが、時間はかかっても、実効性はある。
 
・請願、意見書は、出しても実効性に乏しい面がある。また、紹介議員が必要になるので、その紹介議員の党派によっては、他党から難色がでることも。
 
 
国本さんは、以前府議会議員をされていて、北近畿(鳥取、兵庫、京都)にドクターヘリの導入をされたそうです。また、がん患者の声を行政に届け、ガン基本対策条例を4年かけて実現した実績もおありです。
その経験からのご親切で具体的アドバイスは大変ありがたかったです。
また、国本さんは「反原発めだかの会」にも入会され以前から活動されてるとのことでした。
 
今日は、国本さんからざっくばらんに色々なことが伺えました。
感謝です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/13 京都生協の働く赤間の会]
[02/13 NONAME]
[01/05 LifeStyle-mimi]
[10/23 NONAME]
[10/20 みか]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
「お母ちゃんネットワーク」
性別:
非公開
自己紹介:
色んなお母ちゃんたちが、やんわりと、つながっています。

「未来をつむぐ母の会」「放射能から子どもを守る京都ママ・パパの会」「使い捨てを時代を考える会」「自然育児友の会」「京都市未来まちづくり100人委員会」「フリーペーパー・どろんこ」「あおぞら園メーメー会」「スペース山崎」「季節の手仕事ワッカ」「下鴨家庭科倶楽部」「わたぼうし文庫」「八瀬カフェ」「虹色パンダ」「京都(^o^)/にこわくチーム」「みんなでフューチャーサーチ事務局」「GOGOオーガニック事務局」「女性のイチオシカフェ事務局」「放射能から子どもを守る会・高槻」
他、のお母ちゃんたち
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

material by: